カテゴリー別アーカイブ: 日本酒の飲み方

日本酒を上手に飲もう!

日本酒の種類と飲み方

たくさんの種類のある日本酒をどう選びますか?

どのような飲み方が良いでしょうか。

★★日本酒をどう選ぶか★★

酒のラベルに表示されている用語の意味を理解する必要があります。

sakeraberu2

●日本酒度

感覚的に呼ぶ甘口や辛口を、数字的に表した尺度で、日本酒の比重を表します。 「日本酒度」は日本酒度計という測定器で測ります。 清酒の比重を示す独特の尺度ですが、計量法という法律にも入っています。 4度Cの時の水の比重をプラスマイナス0とし、これより比重が大きいお酒にマイナスをつけ、比重が小さい(軽い)お酒にプラスをつけます。糖分が多い酒は比重が重いので日本酒度は(-)に、糖分が少ないと比重が軽いので日本酒度は(+)になります。 つまり日本酒度マイナスになるほど甘口、日本酒度プラスになるほど辛口ということになります。 しかし、酒の比重はアルコール分によって大きく変わってしまうので、アルコール分が同じ酒同士でないと日本酒度で「甘い」「辛い」の比較は出来ません。また、人によって感じる甘辛は酸度によって変わってきますし、飲み手の感じ方には個人差もありますので、日本酒度は日本酒の甘辛のあくまで目安程度と考えた方が良いです。

●酸度

酸の量を示す指標です。 お酒に含まれるコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの酸の量を表します。 日本酒全体の酸度は平均1.3~1.5で、これより低いと淡麗、高いと濃醇とみられます。 日本酒の甘辛は、日本酒度だけでは正確に判断できず、この酸度の数値も関係します。日本酒度とならんで日本酒の味を決める大事な成分指標です

●酒造好適米

日本酒造りに適した性質を持つ酒造専用米のことです。 ご飯として食べる米より大粒で、心白(しんぱく…米の中心部が白く不透明に見える部分)があるものが多い。

有名な品種は 「山田錦」「美山錦」「五百万石」「雄町」などがあります。 最近では各地で新品種も開発されており、全国で80種類以上栽培されているようです。

 

【参考】   国税庁『「清酒の製法品質表示基準」の概要』(平成15年10月)。

★★決め手は味と香りです★★

味と香りの特性から、日本酒は大きく4つのタイプに分類することができます。

1.香りの高いタイプ

吟醸酒が代表的で、生酒、本醸造酒にも 色は淡く、果実や花のような香が高く、軽く、爽やかな味です。香気成分を多く含みます。成分ではアミノ酸が少ないのが特徴です。

2.軽快で滑らかなタイプ

生酒が代表的です。本醸造酒、純米酒にも一部あてはまるものもあります。 色は淡く、香りは控えられていますが、新鮮で軽い含み香と、みずみずしい味が特徴です。香気成分は中程度です。 リンゴ酸などの有機物を多く含み、アミノ酸、は少ないです。

3.コクのあるタイプ

純米酒が代表的です。本醸造酒にも該当するものがあります。 色はやや濃く、落ちついた香りとやや重厚な、ほどよい苦味を持っています。 乳酸等の有機物を多く含み、老ね香成分のやや高いものがあります。

4.熟成タイプ

古酒が代表的です。一部純米酒にもあてはまるものもあります。 色は濃く、シェリーのような香気を持ち、重厚で、ほど良い苦みと後味のよさが特徴です。 老ね香成分、有機酸、アミノ酸を多く含みます。

★ ★温度、飲み方で味わいは変わります★ ★

日本酒はどのような温度でもおいしく飲める、世界でも珍しい酒です。

日本酒には 冷やして飲む、燗してする、常温で飲む、などいろいろな飲み方があります 同じ酒でも飲み方でお味わいは大きく変わります。 タイプによって、それぞれにふさわしい適温があります。 しかし、いろいろな飲み方を試すのも楽しみの一つですね。

たとえば、吟醸酒をぬる燗にすると、いっそう香りが引き立つことがあります。 吟醸酒は冷やしてとか、あまり、固定的に考えるのも良くないかもしれません。

料理と日本酒

料理によって自由に日本酒を選んでみる。「日本料理には日本酒」という固定観念から離れ和・洋・中いろいろな料理と日本酒をあわせてみる。そんな飲み方ができるのも種類の多い日本酒ならではの楽しみです。 それぞれの料理に合う酒を探すのも楽しみの一つです。

==============豆知識=================

<日本酒の味や香りを表す言葉>

日本酒の味をどのように表現するでしょうか。 「きき酒」の時には、こく、ごくみ、芳醇な、旨味、まるみ、ふくらみ、のどごし、さばけ、後味、きれい、なめらか、軽い、すっきりした、味の調和した、なれた、若い、しっかりした、さらっとした、熟した、すっぱい、渋い、にがいなど、なんと49種類の言葉で表現します(日本酒造組合中央会・官能検査法より)。

<究極の吟醸酒?大吟醸の中の大吟醸『しずく酒』>

発酵が終わった米、これを『もろみ』といいます。もろみを絞ると酒ができてきます。 ちなみに酒を絞ったあとの残りかすの『もろみ』が、『酒かす』です。 普通、酒はもろみをしぼり機で圧力をかけて絞るのですが、機械を使わずに『もろみ』をつめた布の袋をひもで捧に吊るし、しずくのように自然に垂れてきた部分だけを集めた酒を『しずく酒』といいます。 この方法では時間もかかるし、大量に造ることもできません。 ほんの少ししか作れませんが、その味と香りたるや、機械絞りとは全く違うものとなります。

<日本酒の保存方法は?>

日本酒は、環境の変化にたいへん敏感です。 おそらくはワインよりも環境の変化に敏感です。

きちんとした日本酒専門店などでは、日本酒は光が当たらないようにお店の一番奥で、 ライトを消した冷蔵庫に入れられたりしています。 これは最も良い保管方法だと言えるでしょう。

家で保管する場合も冷蔵庫が理想ですが、冷蔵庫に入らない場合は、 冷暗所に保管してください。

<二日酔いの予防法・解消法は?>

予防するには、飲むときは空腹を避け、つまみとして枝豆・豆腐・納豆などの良質のたんぱく質をとると良いようです。 酒だけを飲むのは体には悪いです。

悪酔い防止の為にお酒の合間に水などを飲むことも良いです。

また、寝る前に出来るだけ体内のアルコールの分解・排出をするようにしましょう。 飲んだ後には水分補給をたっぷりと。果汁100%ジュースやお茶が有効です。 ビールはだめですよ。

二日酔いになってしまったら・・・。 肝臓の働きを活発にしてアセドアルデヒドの分解を促し、体外に排出することが大切です。ぬるめのお風呂にゆっくりつかってアルコールを代謝を促進すると良いです。

二日酔いに効く食品は、柿・ハチミツ・コーヒー・お茶・しじみの味噌汁・果物・牛乳・スポーツドリンクなどといわれます。 自分に合うものを探してみてください。

いずれにしても飲み過ぎないが鉄則ですよ。

ほどほどの量を楽しく飲む。これが一番ですね。